東京新聞に載りました

「遺品でつなぐ遺族の思い出 県内初の「整理士」に 行田の久保さん」

亡くなった人の品々を遺族に代わり整理する民間業者「遺品整理士」の資格を、行田市埼玉のリサイクル会社経営、久保公人さん(41)が県内で初めて取得した。核家族化と高齢化で、孤立死も社会問題になる中、遺族が遺品整理を業者に頼むケースが多く、需要は増えているという。 (宮本隆康)

 認定制度を設けている一般社団法人「遺品整理士認定協会」(北海道千歳市)などによると、需要が急増する一方、家族が亡くなった混乱に乗じ、見積価格の十倍以上の高額請求や、不法投棄などの問題も起きている。

 このため、北海道のリサイクル業者らが昨年九月、業界の健全化を目的に協会を発足。同十一月に認定制度を設けた。遺族へ接する心構えや、廃棄物処理関係の法律などを通信教育で学び、試験を経て認定される。これまで全国で百人前後が合格した。

 久保さんは四年前にリサイクル会社を立ち上げ、遺品整理に携わってきた。「依頼は右肩上がりで増え続けている」と話す。

 久保さんによると、現場のほとんどが、東京都内や県南部の都市部。大半が別居する子どもからの依頼で、故人に身寄りがなく、アパートの大家が依頼主になることもある。

 立ち会い中に写真などを見つけると、多くの遺族は昔話に花を咲かせ、泣きだす。「一緒に住んでおけばよかった」と、後悔を口にする人もいる。

 お年寄りの孤立死のケースは多い。「依頼主はみとることができず、仕事があって自分で片付けることもできない。捨てずに、このままにしておきたいという気持ちが伝わってくる」と、肉親を失った心情を察しながらの作業になるという。

 「最初は使い古されていればごみと思ったが、そういう物ほど大事にされている」と久保さん。持ち上げただけで壊れた本棚を「それは捨てないで」と言われたり、遺族から後で頼まれ、ごみの山から古い木刀を捜し出したこともある。

 どんな思い出が詰まっているのか、あえて聞かないが、遺族から泣きながら「ありがとう」と感謝される時、仕事にやりがいを感じるという。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120516/CK2012051602000126.html

リンクは1ヶ月程度で切れちゃうと思いますが、メディア掲載情報は次のアドレスにまとめてますので、時間のあるときにアップします。

https://www.recycle-izumi.net/log/

 

地味な仕事なのに、新聞掲載など派手に載っちゃってます。

世間様から期待されてると思い、益々仕事に頑張りたいと思います。

2012年5月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

遺品整理 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~19:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可埼玉県公安委員会 第431220025201号
産業廃棄物運搬許可千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可行田市 指令行環47号久喜・宮代 久衛指令第2号吉見町 吉衛許可20号鴻巣市 鴻環許第40号
家電リサイクル券取扱店コード211990077089
遺品整理士認定第ISO1019号 第ISO8949号 第ISO8993号
おもてなし認証第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら