稽古納めのこと

先日の木曜日が、剣道の稽古納めでした。

普段は中々参加することのできない土曜日の午前中に稽古があり、土曜日の稽古に参加するのは、今年2度目。

 

どんな事でも共通して、初めと終わりにはピリリとした緊張感が漂うもの。

ふんどしを(履いてませんが)引き締め、稽古に向かったのでありました。

 

今回の稽古で強く記憶に残ることがありました。

先生との稽古の中、竹刀を打ち落とされてしまいました。

打ち気満々マンの先生に打たれてはまずいと、咄嗟に懐に飛び込んだところ、その勢いを利用されて、ドシーンと投げ倒されてしまいました。

 

全てがスローモーションのように、今でもはっきりとその瞬間を覚えています。

投げ倒される刹那、踏ん張ったもので、足首がぐにゃりと変な方向に曲がったの。

 

あ、やっちゃったという感じ。

しばらく痛くて、動けなくなっちゃって、その場でアイタタとうずくまってました。

幸い大した怪我にならなくて、良かったのですが、そういう事が起こったときに周りの人や自分がどんな考え方をするのか、見えてすごく興味深かったの。

 

傍で見ていた直の大先生が、「ぶん投げられるのは貴方が悪い」と、「先生相手に互角稽古とは何事だ、掛かっていく稽古をしなくちゃいかん」と「下がっちゃいかん、前へ前へ行くんだ。久保さんは先生相手に下がるのはいかん」と口角泡を飛ばして叱られてしまった。

良かった。私の事を庇って、世間の風潮よろしく、体罰はいかんの、怪我をさせたらいかんのおっしゃって、逆に投げ飛ばした先生を責められたら、白けてしまったところです。

 

私は、剣道稽古はやはり武道だと思っているので、稽古を重ねていくうちに怪我をしたりするのは当たり前だと思っています。あやとりの会などでは無く、大の大人がガツンガツンぶつかっていく修行の場ですから、少々の怪我で音を上げるのはカッコ悪いかと思っています。

むしろ、私に飛び込まれた先生が、なよなよと尻餅をつかれたりしたら、あれえ???と疑問に思ってしまうし、ズドンと吹っ飛ばして頂いて、剣道の奥の深さを味わえた一瞬でした。

 

もし、私が悪漢でしたら、完全にお縄になっていたところで、見事な逮捕術となるところです。

一年の締めくくりの稽古に思い出深い稽古を頂きました。

良い先生に私は恵まれているかなと、ここで自慢してみます。

2015年12月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

不用品回収 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~20:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可 431220025201
産業廃棄物運搬許可 千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可 行田市 指令行環1249号久喜・宮代 許可6号吉見町 許可吉衛許可27号鴻巣市 許可鴻環許第47号
家電リサイクル券取扱 店コード211990077089
遺品整理士認定 第ISO1019号
おもてなし認証 第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら