解体屋ゲンさんのこと

仕事帰りに、いつも寄るコンビニで買い物がてら、今週の「解体屋ゲンさん」を立ち読み。

週間連載なのに、毎回内容の濃い話で、非常に面白い作品。

 

今週の話はぐっと来ました。<ネタバレ注意>

解体業の社長が、突然の脳梗塞で、体の半分が不自由になってしまいました。

その社長に元気になってもらうためリハビリをさせようと、あの手この手を使うも、うまくいきませんでした。

 

思い立った主人公のゲンさんは、ゲンさんたちが普段の解体の仕事をしている作業現場、仕事が終わったあとのビールを飲む動画を撮り、リハビリの社長に見せたの。

「現場最高!」と、ハンマー片手に壁を叩いて解体作業に勤しむゲンさん、汗だくの仕事帰りにビールを飲んで「最高!」と浸る作業員の姿を見て、再度解体の現場に復帰したいと、リハビリを始めた社長だった、という話でした。

 

もう、すごく感動しました。

解体業は、汚れはする、近所に迷惑は掛ける、とても危険な現場が多い、そんな仕事です。

それでも、人様の役に立ち、やりがいのある仕事で、脳梗塞のリハビリを超えても再度現場に出たいと思わせる程、わくわくさせるものがあるのだなと、震えました。

 

私たちの行っている不用品回収、遺品整理の仕事も、年中大変な仕事ばかりをこなします。

振り返ってみれば、きつい仕事ほど記憶に残っています。

 

全身全霊を傾けてこなす仕事が多くあり、全身がガクガクする程疲れた現場ほど、強く印象に残っています。

何でこんな大変な仕事をやる事になったんだろ?と自問自答する時もありますが、それでも続けているのは、やはり仕事が楽しいんだなって。

 

ゲンさんの物語の中で、ハンマーで壁を壊すゲンさんは、明らかにきつい仕事でしたが、それでも過酷なリハビリをしてでも、そういう過酷な現場を再度やりたいと思わせる程に仕事には魅力があるものみたいです。

 

物語の中での「現場最高!」の言葉は、過酷な現場をこなした人でないと理解できないかも知れません。

辛くても、報われなくても、現場は最高に楽しいものなんだ。

だって、仕事で辛くてヘトヘトになって家に帰ると、ビールの美味しさが格段に変わってくるんだ。

 

怠けて、働いていたんじゃこんな美味しいビールは飲めませんよ。

ビールを美味しく飲む最高のスパイス?を仕事から頂いていた事に気づかされた、今週のゲンさんでした。

2015年5月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

不用品回収 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~20:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可 431220025201
産業廃棄物運搬許可 千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可 行田市 指令行環1249号久喜・宮代 許可6号吉見町 許可吉衛許可27号鴻巣市 許可鴻環許第47号
家電リサイクル券取扱 店コード211990077089
遺品整理士認定 第ISO1019号
おもてなし認証 第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら