延命治療についてのこと

今年に入っての生前整理の案件で、延命治療で辛い想いをされている話を2件ほど聞きました。

どちらもゴミ屋敷状態のおうちの片付け案件でありまして。

ゴミ屋敷状態は、ご老人の方には良く見られる傾向で、どんなものでも捨てずに持っておくため、ゴミが貯まりに貯まってしまう状態です。

 

親が食べ物を口から食べられなくなってしまったため、「胃ろう」という胃から、流動食などを流し込む、いわゆる「延命治療」を行っている事でした。

実際の話では、その親御さんの子供さんたち、といっても60~70歳代の方ですが、3名居る中延命治療を望まない方が2名、望む方が1名居たそうです。

 

親の生き死にを子供達に託すというのは、託された子供にとっては非常につらい決断を強いられるようです。

こういった場合、多数決とはならないようで、生かしてあげたいという声が一つでもあると、その声が通ってしまうようで、親御さんの延命治療=胃ろうが決まったようです。

 

残された方は、見てるのに忍びないと、気持ちを絞り出すよう声を震わせていました。

我々業者に対して、こんな身内の話をされるのは、余程苦しく悲しい気持ちでいっぱいなのだからだと思い、「そうですか、それは悲しいですね」と言うほかありません。

 

老いは、全ての人に平等にやってきます。

そして意外な事に、認知症も平等にやってきます。

 

これまでに私どもが請け負ったゴミ屋敷片付けでは、お坊さんや校長先生、著名の作家さん、市議会議員の先生などがあります。

自分だけは大丈夫などと思わないで下さい。

 

老いや認知症は誰にでも平等にくるという事は真実です。

老いを感じたら、どうぞエンディングノートにご自分の意識をご記入下さい。

特に延命治療の点は、よく考えてご記入下さい。

 

延命治療の決断を託された家族は混迷を極めるし、またその決断に対し後悔を持つものです。

本人の意思が伝われば、「親父がこう思ってるなら、こうしてやろうよ」と、延命治療に関わる家族も救われるところがあると思います。

生前整理の現場をよく踏んでいるものとして、老いを感じられた方々に対して発信してみます。

「老いを感じられたら、エンディングノートに延命治療の有無をご自分の意思として記入して下さい。そうする事は、何なのか?

それは、家族に対しての思いやりなのです。」

2014年5月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

遺品整理 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~19:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可 埼玉県公安委員会 第431220025201号<
産業廃棄物運搬許可 千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可 行田市 指令行環47号久喜・宮代 久衛指令第2号吉見町 吉衛許可20号鴻巣市 鴻環許第40号
家電リサイクル券取扱 店コード211990077089
遺品整理士認定 第ISO1019号 第ISO8949号 第ISO8993号
おもてなし認証 第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら