すってんころりんのおじさんのこと

先日の大雪の日の翌月曜日。

道路が凍っちゃってて、普通に歩くのもつるつる滑って危ない状態でした。

 

通勤の道で、犬の散歩の途中で雪で滑って転んだのか、犬を横に道路に横たわってるおじさんがいました。

あらら、転んじゃったのかな?と、車の窓から「おじさん、大丈夫?」って声を掛けたの。

そしたら「・・・・・・・・・足が折れた。」って返事で、どびっくり。

 

会社へ行ってカギを開ける事や、午前中に伺わなくてはいけない回収の仕事などありましたが、ええいとその方の介抱をする事を優先させました。

救急車を手配したり、車の誘導をしたり。

 

私の車に同乗していた父は、早く会社に行かないとと、早くここを出て仕事に間に合わせないとと、私に怒鳴っていましたが、目の前の怪我人をそのままにして仕事に行くってのはちょっとできない。

仕事の約束は絶対に守らなくてはいけない事なのですが、私としてこの仕事についてから初めてこの禁を破ってしまいました。

 

救急車の案内をして、おじさんが担架に乗せられる時に苦しい金切り声を上げてて、肩が縮こまる思いがしました。

そのおじさんを介抱するに、皮肉な事に散歩に連れて行ったとみられる犬はハッハとご機嫌で、まったくもう。

倒れたおじさんが犬の糞だらけで、介抱する父も糞がくっついてしまい、笑っていいものかどうか。

 

おじさんの介抱に1時間程掛ってしまい、従業員には迷惑を掛けたし、お客様にも遅れてしまったしと、謝る事ばかりで散々でした。

でもまたこんな機会にあってしまったら、同じようにおせっかい焼くのだろうなあ。

 

もし私が足を折ってた逆の立場でしたら一刻も早く救急車を呼んで介抱してもらいたいと思うし、

もし私が足を折ってしまい痛い痛いと苦痛に顔を歪ませている時に、目の前を通り過ぎる人が仕事が入っているからと通り過ぎるのは、足の痛み以上の痛みをもらってしまいそうでなんか嫌だ。

 

あちこちに愚痴をこぼして、友人から「人助けができたんだからいーじゃん」と言われたのが救いでした。

ほっ。

 

また今度の金曜・土曜あたりにも大雪が降ってくるようで、皆様ご用心下さいませ。

2014年2月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

不用品回収 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~19:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可 埼玉県公安委員会 第431220025201号<
産業廃棄物運搬許可 千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可 行田市 指令行環47号久喜・宮代 久衛指令第2号吉見町 吉衛許可20号鴻巣市 鴻環許第40号
家電リサイクル券取扱 店コード211990077089
遺品整理士認定 第ISO1019号 第ISO8949号 第ISO8993号
おもてなし認証 第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら