暑中稽古のこと

2週間ぶりの剣道稽古。

月末でいっぱいのご注文のある中ですが、無理をしてでも稽古に参加してきました。

暑中稽古はものすごく辛いものの怪我も少なく、地力も付く非常に嬉しい稽古なんです。

激暑という極限状態で、稽古をする事に意味があります。

体慣らしの素振りで、もう滝のような汗!

本日の稽古、基本稽古で初めて理想とする面すりあげ面ができたことが嬉しかった。

稽古に参加できてない間、どうやったら理想とする面すりあげ面ができるか、密かに特訓していたのです。

相手が面を打ちますよと、あらかじめ決められた動きに応じて打つ練習の上でのすりあげ面ですが、その技は瞬時のものでとても難度の高いものです。

今日やっと、理想的なすりあげ面が打ててほくほくです。

 

暑中稽古がどれほどの稽古か、数字で見てみます。

朝、体重が68.2kg。

稽古の合間に500mペットボトル4本、約2リットル程の水分を補給しました。

そんで帰ってきたときの体重66.0kg。

差し引きペットボトル約8本分の汗をかいたことになります。

振り返ってみると、すげえなあ。

 

全く文科系の私で、稽古に参加した当初は500mを走りきる事ができないほどの軟弱者が、これだけ激しい稽古をこなせるようになったのだもの。

暑中稽古は地力が伸びるもってこいの季節。

まだまだこれから気温は上がってくるはず。

熱中症に気をつけ、ガンガン気力をつけていきたいもんです。

 

それにしても互角稽古後の切り返しは限界だった。

面を打った後9本の左右面を打つのですが、4本打った程で声を出すことができず、残り5本は無声。

最後に残った気力のギリギリを絞られるような稽古でした。

剣道では限界状態から繰り出す一本に価値を認めています。

「もうこれ以上無理」って状態からの一本。

 

これだけ苦しいのに、楽しいのは何でなんでしょうか。

剣道稽古の参加に義務はありません。

大変そうなら休めばいいし、きつければ稽古途中でも抜けることができます。

でもあえてこの時期、仕事をやりくりしてでも参加したい魅力があり、その期待を剣道は受け止めてくれます。

非常に良い趣味にめぐり合えました。(^_^

2009年7月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

不用品回収 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~19:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可埼玉県公安委員会 第431220025201号
産業廃棄物運搬許可千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可行田市 指令行環47号久喜・宮代 久衛指令第2号吉見町 吉衛許可20号鴻巣市 鴻環許第40号
家電リサイクル券取扱店コード211990077089
遺品整理士認定第ISO1019号 第ISO8949号 第ISO8993号
おもてなし認証第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら