ちょっと仕事の薀蓄

仕事についての考察。

仕事について常々考えてる事を、ビールをクピッと飲みながらの徒然日記ですが、記していこうかなと。

 

思うところ仕事は、とにかく実力主義かなと。

時々例えに引き出しますが、豊臣秀吉が出世した最初の機会は、主人の草履を懐で温めた事です。

草履が暖かい事に気づいた信長も偉いところですが、与えられた草履取りという仕事で郡を抜いた仕事をした秀吉はすごいところです。

 

草履取りという誰もバカにするような役職に最初は就いても、実力があればあれよあれよと出世し、遂には天下人になる事が実際にあります。

実力さえあれば、どこに居ても、どんな職についても実力相応の地位には就くものです。

 

草履取りの人間が日本を統一し、国をまとめたという事実はすごいところです。

草履取りの仕事がキチンとできない人は、少なくともそれ以上の仕事は与えられないし、こなしきれない。

主人の草履を懐で温めるような機転が利くような人間は、自然と次のステージへと昇らされるものです。

 

実力ってのは何なのか?って言えば、我々の仕事であれば、どうすればお客様に喜んでもらえるかって事です。

これが基本中の基本で、お客様に喜んでもらえない仕事は仕事と言えません。

この基本はあまり大っぴらに言われてない事なのですが、仕事の根幹であり、仕事の憲法というべきものです。

 

お客様に喜ばれることを基本として、その方向に沿って仕事をしていれば、自分の人生に頑張った見返りは来るんじゃないかな。

私らの仕事であれば、時々お客様からの感謝の差し入れを頂く事がありますが、他業種ではそんな暖かい心入りにはそうそう巡り合えないかと。

日常の仕事でつい見過ごしがちだけど、このお客様の感謝ってすごい事です。

時には我々のトラックに駆け寄って来ていただいて、お飲み物を渡される事もあります。

 

お客様の感謝をじかに感じ取れる職場です。

我々の仕事自体はハードできついところが多々あります。

それでもお客様に喜んで頂くという方針で、「苦労」を「誇り」に昇華していければなって。

まとまりないまま了。

2012年7月に投稿したリサイクルイズミの記事一覧

PAGE TOP

不用品回収 リサイクルイズミのサービス対応エリア

東京・埼玉・群馬・栃木を中心にお伺いします。詳しくは対応エリアをご確認下さい。※内容によってはご希望にそえない場合がありますのでご了承下さい。

<リサイクルイズミ> 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4173-2 TEL:0120-961-919TEL:0120-961-919 電話受付時間:8:30~19:00 持込受付時間:10:00~17:00

古物商許可 埼玉県公安委員会 第431220025201号<
産業廃棄物運搬許可 千葉県 番号01200159285埼玉県 番号01100159285群馬県 番号01000159285東京都 番号13-00-159285茨城県 番号00801159285栃木県 番号00900159285
一般廃棄物収集運搬許可 行田市 指令行環47号久喜・宮代 久衛指令第2号吉見町 吉衛許可20号鴻巣市 鴻環許第40号
家電リサイクル券取扱 店コード211990077089
遺品整理士認定 第ISO1019号 第ISO8949号 第ISO8993号
おもてなし認証 第01000176号

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら